テレコマース戦略改善 / 見込み顧客情報の整備
顧客および各種ビジネスにおけるテクノロジー・ソリューションを提供する大手企業様についてのケース
状況
クライアントは、ブランドと顧客との関係強化に必要性を感じていたため、10万人規模の顧客と商品に対してコミュニケーションを取りたいと考えていました。
しかし、顧客リストのデータを整備するには専用のシステムが必要でした。
アプローチ
戦略
Teledirecはまずデータの整備から着手。10万件の中から不要なデータを削除し、必要な情報を統合したのち、テレコマース・キャンペーン用に準備を整えました。
コラボレーション
このキャンペーンは、商品マーケティングの上で将来的にも重要なデータとなるため、内容の精査が非常に重要でした。そのため、クライアントのマーケティングチームと共に、ブランド力の向上を目指し、綿密な打ち合わせを重ねました。
効率
Teledirectは、顧客のブランドに対する親和性を見極め、利益を作り出すスコア算出アルゴリズムを考案しました。
結果
プロセスの改善
Teledirectの重複排除ソフトウエアは、16%の重複情報を見つけ出し排除しました。結果、100,625件あった情報を、必要な84,000件にまで減らし無駄を排除することができました。
生産性
30日間に渡り、全顧客の61%に相当する52,000名へコンタクトし、ブランド力を上げるための顧客情報を収集し続けました。
コストの削減
重複コールが無くなったため、割当予算の24%を削減することができました。